上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尖圭コンジロームは決して珍しい病気ではあろません。
尖圭コンジロームの原因となるHPVを、もとから体内に持っているケースもあるそうです。

コンジロームは性感染症の一種です。
現在日本では、性器クラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペスウイルス感染症に続いて4番目に発症報告の多い性病です。
1999年以降、患者数は増加する一方で、その数は2005年には約2倍にまで膨れ上がりました。
現在その数は3万人を超えており、今や誰もが感染する可能性のある病気と言われています。

コンジロームの患者は10代から30代にかけてが圧倒的に多くなっています。
なかでも女性の場合の感染年齢は20才から24才までが最も多く、25才から29才の間が最も多い男性より若年化しています。
その背景には性の関係が身近なものになったのが大きく影響していると言えます。
コンドームの使用により、HPVだけでなくHIVをはじめ多くの性感染症を防ぐ事が出来ます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。