上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊婦がHPV感染者の場合であれば、
分娩時に、赤ちゃんへHPVを送り込んでしまうことも
考えられることなのです。

ただし、赤ちゃんにHPV感染が成立することは、
とてもまれな事だと言われています。

これは、少し、安心材料といえる事だと思います。

少ない確率ではあるのですが、
もしも、赤ちゃんにHPV感染が成立してしまうと、
赤ちゃんの咽頭や喉頭などにイボができてしまうことになるようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。