上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近年では、子宮頸がんについては、
20歳代の罹患率の増加がみられているのです。

これは、活発な性行動が引き起こす、
感染症としての子宮頸がんの側面を
如実に表しているものだといえるのではないでしょうか。

また、現在は、治療薬としての
悪性型HPV感染に対する抗ウイルス薬開発の
目途はたっていないのですが、
ワクチンの接種が海外において、
積極的に行われているようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。