上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HPVによって引き起こされる性感染症(STD)が、尖形コンジロームです。
尖形コンジロームの患者の年齢層は、10代後半~30代の若い世代が大半を占めています。男性は20代後半、女性は20代前半の患者が特に多くなっているようです。
尖形コンジロームは性感染症の中でも感染者が多く、ここ数年増加傾向にある病気です。それを示すかのように、患者数は1999年と2005年では、2倍も増加しています。

尖形コンジロームになると、イボ状の出来物が性器やその性器周辺にできます。自覚症状はほとんどありません。
感染原因は、性行為によるものと言ってほぼ間違いありません。
HPVには良性型と悪性型の2種類があり、一般的に良性型の場合がほとんどです。悪性型の場合は子宮頸がんや陰茎がんを発症してしまう原因にもなりかねません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。