上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊娠中にコジロームに感染してしまうと、
不妊や流産、早産に繋がりやすいとされています。

代表的な性感染症として、
クラミジア感染症がありますが、
この感染症は、症状を自覚出来ないことが多く、
子宮頸管や子宮内膜、卵管へと拡がることで、
炎症を起こすことがあります。

このような炎症が続くことで、
臓器の癒着が起こってしまい不妊症になったり、
子宮外妊娠や流産の原因になるのです。

コンジロームの発症は、
ヒトパピローマと呼ばれる
ウイルスによって発症しますが、
子宮頸がんの原因になることもあります。

その為、早めに治療をされた方が良いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。