上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性の場合の発症部位は、
大小陰唇、膣前庭、会陰部を中心に、
膣、子宮頚部、肛門周囲などで
起こるようです。

また女性の場合は、
外陰に病変が見られなくても、
子宮頚部や膣などに
病変が存在していることが
あるようです。

潜伏期間としては、
3週間から8ヶ月間ほどとなっています。

病変部は鶏冠状、花菜状、丘疹状などで、
また色も灰白色から褐色などと
さまざまとなっているようです。

多くは多発で、
不規則に密集しているようです。

●知っておきたい情報
梅毒の治療をするには
泌尿器科をお探しの方へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。