上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尖圭コンジローマのは、基本的に医師がいぼを見ることで、診断します。
男性の場合だと、逆にイボがなければ、コンジローマかどうかは診断できません。
そして、イボがないとしても、コンジローマのウイルスにかかっているあいだは、性交渉などで人に感染させる可能性は大ですので、注意しましょう。
また、判断が難解な場合は、イボを切り取って検査をすることもあります

治療方法としては、電気メスで切り取ったり、液体窒素で凍らせてイボを取り除いたり、制限がん剤軟膏、レーザーでの治療などがあります。
治療方法は、イボの大きさや数量、場所、妊娠の有無などで異なってきます。

しかし、尖圭コンジロームは治すのに根気がいる病気と言われています。
隠れた場所にウイルスが感染しているケースがあるので、、再発することも少なくありません。

一般的には、治療後の3ヶ月間は再発がないか注意するようにと言われています。
ですので、とりあえず治ったあとも定期的な検査は必要です。
その後のためにも、焦らずじっくりと治しましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。