上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尖圭コンジローマは再発の可能性がある病気です。

患者の四人に一人は、三ヵ月以内に再発するといわれているほどです。
尖圭コンジローマというのは、目視できるイボがなくなったとしても、三ヵ月以内に約25%は再発するといわれています。
再発は潜伏しているHPV(ヒトパピローマウイルス)が、時間を経たあとで新しいイボとなることにより起こります。
ですので、真の意味での完治のためにも、尖圭コンジローマの治療後約三ヵ月間は、病院に通院し再発していないかを確認してもらう必要があります。

また、健康的な生活も再発予防には重要です。
尖圭コンジローマはウイルスが原因で起こる病気ですので、ウイルスに対する抵抗力である免疫力を高めることでウイルスの活動が押さえられ、症状が出にくくなると考えられます。
つまりは、疲れやストレスをためこまないことや風邪などで体力を落とさないことも、再発を予防するための重要なことなのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。