上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子宮頸がんは、がんが発生する組織により『扁平上皮がん』と『腺がん』の二つと、
この二つが混合した『腺扁平上皮がん』に大別されます。

子宮頸部は扁平上皮細胞という細胞で覆われており、
この扁平上皮細胞に発生するがんを『扁平上皮がん』といい、
子宮頸がん全体の約80%を占めています。

子宮頸部の粘液を分泌する腺細胞に出来たがんを腺がんと言います。
現在、若い女性を中心に腺がんが増加しています。
腺がんは扁平上皮がんに比べて検診で発見されにくく、
扁平上皮がんに比べると治療が難しいとされています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。