上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尖圭コンジローマの感染経路として、主に性交渉が原因で感染することになります。

STDとは・・・

感染してしまう確率は性病の中でみると高くなっていて、尖圭コンジローマの感染者と性交渉を持った場合には、感染する確立は60~70%以上もあるとされています。
さらに、大浴場やサウナといった公共の場からも、尖圭コンジローマは感染してしまう場合も考えられます。

大腸がんの自覚症状とは・・・

尖圭コンジローマは感染した源を特定しようとしても、困難な要素をもっています。
尖圭コンジローマは通常であれば1ヶ月~2ヶ月ほどの潜伏期間を経て発症するのですが、
場合によっては3ヶ月以上かかることもあり、
長い場合だと8ヶ月もの期間を潜伏し続けることもあるのです。
このような安定していない潜伏期間の長さによって、尖圭コンジローマの感染源は特定するのが困難とされているのです。
スポンサーサイト
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。