上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尖圭コンジロームの感染経路となっているのは、
その殆どが性行為による感染とされています。

予防するには、その他の性病と
同様にコンドームの着用が効果的です。

ただし、コンドームはカバーできる範囲に限界があります。

会陰部や肛門周辺への感染を予防するのは
現実問題として難しいと思います。

また、オーラルセックスも、
尖圭コンジロームに感染する確立は高い行為です。

その他にも、ごく稀なケースとして、
手や指を介して感染するケースがあります。
スポンサーサイト
一般的にに1~2ヶ月の潜伏期間を経た後、
陰部に先の尖った「いぼ」を形作る。

自覚症状が無く、痒みも痛みも無い。

しかし、最初のいぼを形作ってから短い期間の内に、
続々と新しい「いぼ」を形作り、増えていく。

また他の部位への接触転移が多く
再発を繰り返すケースが多い。
感染経路は、サウナ(稀に)や
公衆浴場などからも感染する場合がある。

しかしながら、感染しても症状が無いまま、
約1年ほどで自己の免疫力によって
自然治癒するケースがある。

要するに、イボとして出現しないケースもあり、
それが感染を拡大させてしまう要因でもある。
潜伏期間は1ヶ月から8ヶ月の長期に渡る場合もがあり、
感染源の特定ができないケースもある。
尖圭コンジロームという性病は、
再発する可能性が非常に高い性感染症として有名です。

治療を行っても、その患者の4人に1人の割合で、
3ヶ月以内に再発すると
言われている程に、再発のリスクが高いのです。

その為、尖圭コンジロームが再発したかも、
と思ったら、すぐに病院で受診する必要があります。

早めに治療することが出来れば、
それだけで、完治も早くなる可能性があります。

尖圭コンジロームという病気は、
放っておいても時間が経てば治るではありません。

症状が悪化すると、組織が壊死してしまう事もあるので
一日も早い発見と治療が必要な病気です。

◆特集:エイズに対する理解を深めよう
エイズの症状を知ろう
妊娠中にコジロームに感染してしまうと、
不妊や流産、早産に繋がりやすいとされています。

代表的な性感染症として、
クラミジア感染症がありますが、
この感染症は、症状を自覚出来ないことが多く、
子宮頸管や子宮内膜、卵管へと拡がることで、
炎症を起こすことがあります。

このような炎症が続くことで、
臓器の癒着が起こってしまい不妊症になったり、
子宮外妊娠や流産の原因になるのです。

コンジロームの発症は、
ヒトパピローマと呼ばれる
ウイルスによって発症しますが、
子宮頸がんの原因になることもあります。

その為、早めに治療をされた方が良いです。

女性の場合の発症部位は、
大小陰唇、膣前庭、会陰部を中心に、
膣、子宮頚部、肛門周囲などで
起こるようです。

また女性の場合は、
外陰に病変が見られなくても、
子宮頚部や膣などに
病変が存在していることが
あるようです。

潜伏期間としては、
3週間から8ヶ月間ほどとなっています。

病変部は鶏冠状、花菜状、丘疹状などで、
また色も灰白色から褐色などと
さまざまとなっているようです。

多くは多発で、
不規則に密集しているようです。

●知っておきたい情報
梅毒の治療をするには
泌尿器科をお探しの方へ
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。