上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尖圭コンジローマの予防は、少々厄介なものです。

なぜなら、尖圭コンジローマに感染している部位は人それぞれに違っているため、
コンドームを着けていても、尖圭コンジローマの症状が出ている部位に触れてしまうことがあるからです。

そのため、完璧な形で予防をしたいと考えているのであれば、
最初から尖圭コンジローマに感染している人とは性交渉を行わないことがもっともかんたんで確実な予防法になるのです。

できるだけ尖圭コンジローマの感染者とは、感染中の性交渉を控えましょう。

◆さらに性病を知ることが可能なサイト
性病 種類
http://www.minnano-clinic.com/bc/
スポンサーサイト
コンジロームの感染経路は、
主に性交渉や口による性行為です。

ごく稀ではありますが、
母子感染による感染もあるようです。

予防するには、コンドームを
使用することが効果的ですが、
近年、避妊具の使用率が低下していて、
それに伴いコンジロームの発症率も増加しているようです。

この避妊具の使用率の低下の原因には、
性病に対する知識、
認識の低さが関係していると思います。

性病に感染しても、放っていると
大きな問題に発展することがあります。

しっかりとした知識を持って予防しましょう。
尖圭コンジロームを予防する為には、
普段から清潔を心がけることが大切となります。

とくに、性器を清潔に
保つことは重要になってきます。

男性で、包茎の人は特に注意しましょう。

亀頭を包皮が覆っている為に内側に
恥垢がたまりやすいので、
尖圭コンジロームを発症して
病原菌の温床になりやすいからです。

包茎手術をすることも
再発の予防になるので検討しましょう。

尖圭コンジロームは、
感染すると再発率が高い病気です。

普段から感染しないように心がけましょう。
尖圭コンジロームは、正しくコンドームを使い、直接的に粘膜や皮膚が接触することを避けることが予防する方法となります。

ですが、感染が広範囲に広がっていると、コンドームだけでは予防することはできないのです。
また、尖圭コンジロームの症状は、ニワトリの赤いトサカ状のイボがペニスにできるもので、発症した時には、自覚しやすいと言えますが、
梅毒や癌などによく似ているので病院できちんと診断を受けた方がいいでしょう。
ペニスにできてしまったイボを見て、はずかしいと悩んで、放っておいたりする間に、出血が起きたりしてしまいます。

尖圭コンジロームは肛門付近や性器にイボを形成する以外には自覚症状が無く、悪化して炎症が起こってしまった場合に限り、かゆみや痛みが現れる場合があります。

一度感染してしまうと、再発するケースが高くなり、
とても治りにくいため、長い時間を掛けて根気よく治療し続ける忍耐が必要となります。
アメリカのMERCK(メルク)社より、尖圭コンジローマと子宮頸癌の原因ウイルスであるHPVのワクチンであるGARDASIL(ガーダシル)が開発されました。
2006年6月にはアメリカ食品医薬品局で承認され、WHO世界保健機関からは品質・安全性の基準を満たすワクチンとして認定されています。

アメリカで行ったHPVに感染していない女性を対象にした大規模臨床試験では、8割近くもの予防効果があったと報告されています。しかし、ワクチンなので、すでにHPVに感染した人に対しては効果がありません。また、既に感染した人への接種は、悪化する危険性も危惧されています。ガーダシルには、治療・再発予防の効果はありません。

次いでイギリスのグラクソ・スミスクライン社よりHPV16, 18型のワクチン、サーバリクスが開発され、2007年5月に10歳~45歳の女性用としてオーストラリアの医薬品審査当局で承認されました。日本では2009年10月にサーバリクスが承認されました。

さらに、2007年9月にグラクソ・スミスクライン社がサーバリクスの承認を申請し、次いで2007年12月に万有製薬がガーダシルの承認を申請しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。