上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子宮頸がんは、がんが発生する組織により『扁平上皮がん』と『腺がん』の二つと、
この二つが混合した『腺扁平上皮がん』に大別されます。

子宮頸部は扁平上皮細胞という細胞で覆われており、
この扁平上皮細胞に発生するがんを『扁平上皮がん』といい、
子宮頸がん全体の約80%を占めています。

子宮頸部の粘液を分泌する腺細胞に出来たがんを腺がんと言います。
現在、若い女性を中心に腺がんが増加しています。
腺がんは扁平上皮がんに比べて検診で発見されにくく、
扁平上皮がんに比べると治療が難しいとされています。
スポンサーサイト
近年では、子宮頸がんについては、
20歳代の罹患率の増加がみられているのです。

これは、活発な性行動が引き起こす、
感染症としての子宮頸がんの側面を
如実に表しているものだといえるのではないでしょうか。

また、現在は、治療薬としての
悪性型HPV感染に対する抗ウイルス薬開発の
目途はたっていないのですが、
ワクチンの接種が海外において、
積極的に行われているようです。
子宮頸がんの原因がHPV(ヒトパピローマウイルス)であることが最近になってわかってきました。

すべてのHPV(ヒトパピローマウイルス)が子宮頸がんの原因になるわけではありませんが、子宮頸がん組織中のHPV(ヒトパピローマウイルス)の検出結果などから、高リスク型の持続感染が子宮頸がん発生と深くかかわっていることがわかっています。

HPV(ヒトパピローマウイルス)は、性交渉によって人から人へと感染していきます。とくに女性が感染する機会の多い感染症で、女性の生涯罹患率は80%とも言われています。感染しても、2~3年の経過で自然に治癒しウイルスが消失するのですが、稀に長期化する(持続感染)こともあります。この持続感染が続くと、子宮頸部の上皮に異常増殖が起こります。異常増殖が続くと、軽度異形性から高度異形性へと進みます。これが子宮頸がんになる危険性だと指摘されています。そのため、高度異形性の段階で治療を行えば、子宮頸がんへと発展するのを防ぐことができるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。