上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊婦がHPV感染者の場合であれば、
分娩時に、赤ちゃんへHPVを送り込んでしまうことも
考えられることなのです。

ただし、赤ちゃんにHPV感染が成立することは、
とてもまれな事だと言われています。

これは、少し、安心材料といえる事だと思います。

少ない確率ではあるのですが、
もしも、赤ちゃんにHPV感染が成立してしまうと、
赤ちゃんの咽頭や喉頭などにイボができてしまうことになるようです。
スポンサーサイト
性器に感染するタイプのHPVというのは、
主に性器の接触によって伝播していくものなのです。

ほとんどのHPV感染は、何のサインも徴候もなしに
起こっていきます。

したがって、大部分の感染者は、
自分がHPVに感染していることがわからないのです。

そのため、結果的にはウイルスを
セックスパートナーへ、送り込んでしまうことになっているのです。

▼「みんクリ」から性病の知識をご紹介▼
B型肝炎 ピアス
http://www.minnano-clinic.com/hpv/how.html
尖圭コンジロームの治療をした人は分かると思いますが、
この病気は、想像以上の治療時間がかかる病気です。

また患者の数は増加しているので、
近年、感染して苦しむ人が増えています。

もはや性行為の経験がある人なら、
誰でも感染・発症しいても不思議ではない病気なんです。

また、女性の場合は悪性のウイルスに感染すると、
子宮頸がんを引き起こしてしまう可能性があります。

女性の方は、特に感染に気をつけなければいけません。

最近は、簡単に性交渉をする人が多くなっていますが、
もっと真剣に性病の予防をするべきだと思います。
HPVは、性交歴を持っている女性の
約60~80%は一生のうちに少なくとも一度は
感染するといわれています。

◆無知では済まされない性病の解説サイト
ヒトパピローマウイルスとは??

そのほとんどの感染は一過性であり、
感染しても、人間が本来持っている免疫力によって
自然治癒すると考えられているのです。

しかし、HPVのうち、
中~高リスクHPVの感染が長期におよんだ場合は、
平均10年以上の期間を経て、
前癌病変から子宮頸癌に進行するおそれがあるようです。
HPVは、比較的に小型のDNAウィルスのことで、
それを構成するヌクレオチドの塩基配列によって、
約100種類の亜型に分類されています。

これらは、
皮膚に感染する皮膚型HPV
性器・粘膜に感染する粘膜型HPV
に大別されています。

◆無知では済まされない性病の解説サイト
肺ガンの原因について
泌尿器科を広島で見つけましょう

さらに、この2種のHPVには
良性型・悪性型がそれぞれ存在しているのです。

粘膜型HPVのうち、
子宮頸癌、肛門癌、外陰癌、膣癌、陰茎癌などの
悪性腫瘍から分離されるHPVを中~高リスクHPV、
または、発癌性HPVといわれていて、
尖圭コンジローマなどの良性乳頭腫から分離されるHPVを
低リスクHPVと言われています。
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。