上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンジロームの感染経路は、
主に性交渉や口による性行為です。

ごく稀ではありますが、
母子感染による感染もあるようです。

予防するには、コンドームを
使用することが効果的ですが、
近年、避妊具の使用率が低下していて、
それに伴いコンジロームの発症率も増加しているようです。

この避妊具の使用率の低下の原因には、
性病に対する知識、
認識の低さが関係していると思います。

性病に感染しても、放っていると
大きな問題に発展することがあります。

しっかりとした知識を持って予防しましょう。
スポンサーサイト
尖圭コンジロームに感染すると
特有のイボが発生していまいます。

その色は、白や赤色、
茶褐色といったことが多いようです。

また、まれに黒っぽい色の
イボが発生することもあります。

その、大きさは通常、
数ミリ程度になりますが、
放っておいると、どんどん大きくなって、
数も増加していきます。

この症状は進行が進んでいくと、
それだけ完治までの時間が必要になります。

もし、ある時、突然イボが
出来たという人がいたら注意して下さい。

自然と治ると思っていても、
病院に行った時には
重症になっていたというケースがあります。
尖圭コンジロームの感染経路は、
性行為によって感染することが殆どです。

予防するには、コンドームを
着用することが効果的ですが、
カバーできる範囲には
限界があるので完璧とはいえません。

また、オーラルセックスでも
感染することがあるので注意が必要です。

その他の感染ルートとしては、
ごく稀なケースですが、
手や指から感染することもあります。

また、コンジロームのウイルスは、
皮膚や粘膜といった小さな傷から体内に侵入します。

そいて3週間~8ヶ月ほどの潜伏期間しれから、
尖圭コンジロームを発症させることになります。

◆無知では済まされない性病の解説サイト
子宮癌の解説ページへ
尖圭コンジロームを予防する為には、
普段から清潔を心がけることが大切となります。

とくに、性器を清潔に
保つことは重要になってきます。

男性で、包茎の人は特に注意しましょう。

亀頭を包皮が覆っている為に内側に
恥垢がたまりやすいので、
尖圭コンジロームを発症して
病原菌の温床になりやすいからです。

包茎手術をすることも
再発の予防になるので検討しましょう。

尖圭コンジロームは、
感染すると再発率が高い病気です。

普段から感染しないように心がけましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。